社長からのメッセージ

DKK Careers

私たち電気興業株式会社(DKK)は、設立から70年以上、通信・放送業界、自動車業界の発展に寄与し、社会インフラを支えてきました。

その双方の業界で事業展開をしている当社は、留まることのない技術の変革とお客様のニーズを先取りし、より良い生活環境の実現を目指し企業活動を行ってまいりました。

そのなかで私は、企業をなす根幹は、やはり“ひと”であるということを強く感じております。

例えば、チームスポーツにおいて、皆さんもしばしば目にすることもあるかと思いますが、メンバー同士が、日頃は切磋琢磨するライバルであっても、試合では互いに信じあう唯一無二の仲間であり、これがひとたび正念場を迎えるとこの上ない成果を発揮することがあります。

当社も長年、様々な市場環境のなか、組織で戦ってきました。そこでは、チームスポーツの経験の有無は関係なく、誰もが最初からその戦い方を知っているわけでもありません。それでも社員一人ひとりが、何事にも果敢に挑戦し、失敗してもそこから何かをつかみ取り、また立ち上がる。こうしたことを繰り返すうちに、自ら考え、仲間に学び、仲間を助け、組織で戦う術を身に付けていくのです。ひと一人の力には限界があります。常に個人技を磨きながら、組織で挑んでこそ、大きな力を発揮できるのです。皆さんも失敗を恐れずチャレンジしてください。失敗しても、互いに支え合い成長できる環境があります。

当社では、ビジネスを通じたサステナブルな活動を展開し、ダイバーシティ推進を掲げ、常に多様性を重視した企業を目指す中で、高い専門性と創造力を合わせもった、柔軟性ある人財の育成にも注力しております。

自ら考え行動できる方、分け隔てなく誰をも受け入れることのできる方、問題意識を持って主体的に仕事に取り組み、常に論理的に解決策を練ることのできる方、変化への対応力の高い方、そうした皆さんが自らの能力を発揮し、活躍したいと思える最高の舞台が当社であると自負しております。

幅広い事業分野のなか、様々な出会いが皆さんをお待ちしています。

私も、皆さんとお会いできる日を楽しみにしております。

代表取締役社長 近藤 忠登史